人材募集というのは工数がかかる業務として知られています。
まず、求人を出したら複数のメディアからの応募を管理しなければいけません。
その中から履歴書などを読み書類面接をして、実際に適性のある人物を見定めます。
そして、振り分けた後には対象者と面接の日程を調整し、その日程に合わせたスケジュールを設定しなければいけません。
スケジュールも都合を合わせるために仕事の割り振りなどを組み換えなければいけないこともあり、頭を悩ませる人もいます。

このような悩みを解決するのは面接コボットです。
面接コボットは求人メディアから送られてくる膨大な数の応募者情報を自動で取得します。
そして応募者にメールを送信します。
そこで帰ってきた返信によってチャットボットが反応して適性があるのかどうかを判断してくれるのです。
ロボットの行う判断は常に冷静なため、どのような人材が欲しいのかを見極めてくれるとされています。

また、面接コボットの場合には自動で面談日を調整してくれます。
このことによって、担当者は面接について時間を割く必要が無くなるのです。
さらに面接コボットは面接担当者のパソコンやスマートフォンのカレンダーに面接日の自動入力も行います。
このようなフォロー体制もあるため様々な人から支持されているのです。